<<   2017年 10月   >>
S MTW TF S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

検索・ログイン
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
管理者ページ
新着記事
カテゴリー

月別記事
ランキング
コメント
リンク
プロフィール
その他

POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
PHP
PostgreSQL
SKIN BY
ブログンサポート

ReadyNAS Duo v2 導入しました。
BUFFALOのLS-QV1.0TL/1DというNASにWD7500AACSというHDDを4台搭載してRAID10で運用していたのですが、何しろ元のHDDが今となっては容量が心許ない750GBというものなので、ストライピングミラーでの運用だと1.3TBの容量しかありませんでした。買ったばかりの頃はこんなに容量あっても埋まるのかなぁ……などと杞憂に過ぎない考えもありましたが、いざ使い始めてみるとあっという間にファイルは膨れあがっていくもの。

最近はデジカメで動画を撮る機会も多くなって、そろそろ700GBを超え始めて窮屈さを感じるようになりました。なんか容量の半分超えると遅くなってくる気もするし。そんなわけで、とりあえずミラーは確保したいので2ドライブ型のNASを探していたところ、ReadyNASのエントリーモデルがかなりお買い得に。評判もそれ程悪くなく、ほんとはUltraシリーズの方が良いらしいんだけど、今のより悪くはならないだろうとWD30EZRXという3TBのHDD二台と一緒に購入しました。以下がベンチ結果。

CDM測定結果左が今回のDuo v2で、右がLS-QVLです。リード・ライトともけっこう良くなってる。4Kファイルのアクセスが落ちてるのは、やっぱりストライピング構成の有利さでしょう。逆にシーケンシャルは新型HDDに軍配が上がったというわけです。

体感速度はおっ?と感じるくらいは速くなってます。全ての作業が一呼吸短くなってる感じ。消費電力も実測値で13w位だそうだし、いくらグリーンモデルとはいえ今までのHDD4台よりはだいぶ削減出来てるんじゃ無いかな。

2chのスレッドで報告のあった、しばらく稼働していると device offline になるという問題も、ファームウェアを一端 5.3.5 にダウンしてから 5.3.7に上げ直す事で発現しなくなりました。最初の設定時に RAIDerがファームの自動アップデートをやるんだけど、どうもこいつがバグ入り拾って来っぽい。HDD同期中の表記が Resyncと英語表記になってるので見分けが付くかもしれないです。正常な 5.3.7を入れるとここが日本語になります。

というわけで意外と良い買い物だったなぁと言う報告でした。add-on色々あって楽しいし。
ハードウェア::PC関連◇20:34◇comments (0)trackback (0)
コメント
コメントする









画像の文字を半角で入力して下さい。
この記事のトラックバックURL
http://www.ikumi-u.net/blogn/tb.php/25
トラックバック